これから新しく事業を始める人にとって、さまざまな課題を一つ一つ解消していかなくてはいけません。ただ資金面が足りなかったり、何からはじめていいのかわからず困ることも少なくありません。特に働き方改革が重視されている今、社員に長く続けてもらうためにも働き方について真剣に考えていかなくてはいけません。今回はスタートアップの企業でも使える、働き方改革の助成金について説明します。

 

 

 

 

 

 

働き方改革とは

20194月より施行されたものになり、大企業はもちろん中小企業にとっても経営に必要な課題として認知されるようになりました。働いている人たちが、それぞれの事情に合わせて多様で柔軟な働き方を自分で選択できるようにするための改革です。

日本が直面している「少子高齢化」や「働くスタイルの多様化」に対応していく必要があります。その結果労働の生産性を向上させたり、従業員の満足度向上にも繋がっています。経営者は従業員それぞれが求める働き方ができるように努力していかなくてはいけません。

また、それを支援するために国が助成金を出しています。スタートアップ企業にとって優秀な従業員に働いてもらい、長く続けてもらえたほうがいいですよね。でも資産面で難しいあなたは助成金を使うのをおすすめします。

 

 

 

【助成金の申請はプロにおまかせ】

ただ助成金の申請は思っている以上に大変な部分も多く、はじめてだと戸惑ってしまうことも少なくありません。記入する書類の多さや申請の方法など間違えてしまうと申請ができなくなってしまいます。助成金は欲しいものの時間はかけていられない人はプロに任せてしまったほうが安心です。ミスの心配もありませんし、あなたしかできない本業に集中できるので効率的ですよ。

 

 

 

 

働き方改革で覚えておきたい助成金とは

働き方改革で覚えておくべき助成金の種類について説明します。

 

働き方改革推進支援助成金

労働時間の削減や年次有給休暇の促進など、職場の環境を整備するために支給される補助金です。実際にこれらの取り組みをしたときに、かかった費用の一部を助成してくれます。

労働管理用の機器やソフトウェアを導入したり、外部のコンサルタントに相談し業務体制の効率に繋がるなど、企業としても生産性の向上を図ることに繋がります。コロナウイルスの影響でテレワークコースの助成などもあります。企業として設備や環境を整えたいときに申請するべき助成金です。

 

 

キャリアアップ助成金

企業内にいる「非正規雇用労働者」のキャリアアップを促すための助成金です。具体的には有期契約労働者や、短期間労働者、派遣労働者などが対象になり、正社員として待遇のいい条件で働くのを助成しています。

優秀な人材が他社に流れてしまうのを防ぎ、事業の生産性を高める効果があります。労働者によっても働く意欲が促進されますし能力の向上にも繋がっていきます。非正規雇用労働者の働き方自体を見直すいい機会になりますね。

助成金は返済が必要ないお金になります。そのため今では誰もが知っている企業でも、スタートアップとして助成金を使っています。

手続きにかかった人件費以外は全て利益になりますし、正しく使うことによって、企業としても従業員にとってもさまざまなメリットがあります。助成金を通して社員のモチベーションを上げると仕事のやる気にも繋がり、企業の業績をあげることにも繋がります。

 

 

 

まとめ

働き方改革が問題になっている今、従業員に長く働いてもらうためにもある程度の投資は必要になります。そのためにも助成金を申請し、必要なものをしっかりと準備しておきましょう。助成金をいかに活用できるかどうかも企業の成長を決める重要なポイントです。

 

助成金申請代行