シェアリングエコノミーって、どういうことなの!?

シェアリングエコノミーって初めて聞くけれど、なにがいいの?って言うのが正直な感想。

現代では、シェアリングエコノミーが一般的にも広がりつつあり、一般の人でも簡単にレンタカーや駐車場の貸し出しができたり、宿泊場所として部屋や家を提供したりと多様な方法があります。

急速に広がっているため、まだ日本には十分に参入されていませんが「ウーバーイーツ」のその一つ。

店舗側が飲食を販売し、宅配業者ではなく一般の登録している配達人が注文した人に届ける。配達人は報酬ももらえるし、注文した人は迅速に注文した商品を届けてもらうことができます。

便利な一方で、配達者は労働組合が設定されていなかったり、注文した商品が届かない、注文した食べ物が冷めていたり、ぐちゃぐちゃになって届く・・・などトラブルも多くニュースで報道されていますよね

そこで、シェアリングエコノミーのメリットとデメリットについて考えてみました!

そして、シェアリングエコノミーとは何なのか…そんな疑問を探りましょう。

シェアリングならまだ分かりますが、エコノミーってなに?謎が深まります

シェアリングエコノミーって新しい単語だなぁ、と私も感じます!そこで調べてみました。

 

 

シェアリングエコノミーとは?その意味を知りましょう。

 

まずは、シェアリングエコノミーについて調べてみました。

「人、物・場所・乗り物・お金など、個人が所有する活用可能な資産を、インターネットを介して個人間で貸し借りをしたり、やりとりすること」みたいです。

つまり、

・ウーバーイーツみたいに個人が配達し、届ける。配達人は、ウーバーに登録するだけで簡単にインターネットを介して配達できる。

・インターネットで空き部屋を貸し出すAirbnb(エアビーアンドビー)もそうです。

外国人など個人が空き部屋を検索して、一般の人が登録している宿泊場所を提供します。

・駐車場、住宅の部屋や家を貸すなど貸し出しができるサービスもあります。

発端は、中国のモバイクというシェアサイクルサービスが初めと言われています。

今では市場規模は1兆円を超えており、将来的には2兆6000億円を超える見通しだと言われています。

 

 

シェアリングエコノミーのメリットとは?デメリットについてもまとめました。

 

シェアリングエコノミーについてのメリットを簡単にまとめました。

・誰でも始められる、空き地や駐車場の使っていないスペースを駐車場として貸し出せます。しかも、貸主は初期費用がほとんどかからないというメリットも!!

・借主も格安で借りることができる。自宅から近い場所を選んで、駐車場を借りたり外出先で借りたりと、場所も自由度が高いです。

・カフェやお店の空いているスペースに、旅行者が荷物を預けるサービスもある。気軽に荷物を預けて、安全性も高い。荷物を預けた人がお店の商品を購入してくるというメリットもある。

・シェアサービスの利用が増えると、社会的な経済効果をうむといった効果が期待されます。

車や駐車場の不便が解決されれば、人気のイベントや遠方に出かける機会が増え、消費促進につながりますよね。

などなど、普及も急速に広がっていますので気軽に利用できますね

一方で、デメリットもいくつかあるようですよ。

・不特定多数の人と貸し借りをすることになるので、ものに傷がついたりなどトラブルも多いようです。ルールが守られずに勝手な利用にも繋がるので、注意が必要であると言えます。

・既存事業者のレンタカーやカーシェアリングのお店にとっては、脅威の存在になるとも言えますね。メリットで挙げたように格安で貸し出しができるので、比較的に借りやすく既存の事業者への流出はしにくいですね。

・サービス提供や違法なサービスを取り締まる体制が整っておらず、法設備が十分でありません。そのため、既にある市場が破綻する可能性があると言われています。

そのような法設備の対策に対して、SNSやTwitterなどのアカウントと紐づけて認証が必要として、利用者に透明性の高いサービスを提供しています。また、個人認証を必要になるので、仲介人側で安全性を確保するような取り組むも行われています

 

下記はBraveが現在提供していますサービスになります

もしご興味ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい

 

 

お問い合わせ

 

まとめ

・メリットは、格安で住宅や駐車場を借りたりと利便性が高いということ。食住接近で、欲しい時に欲しい場所で貸し借りをしたり、食べ物を注文して届けてもらったり・・・種類も多様で使いやすいです。

・社会的な経済効果を生み出す可能性がある、カーシェアが増えると旅行をする人が増えて自然に外出先でも消費行動が生まれますね。

・不特定多数の人がレンタルするから、ルールが守られず使用されたり、物や場所が破損する危険性があります。破損した時の保証も十分でなく、逆に借主の保証もないので法設備は十分でない。

・サービスを提供する上での十分な法整備がされていなく、市場が破綻する可能性があります。

シェアリングエコノミーのメリットやデメリットを知って、慎重に上手に使えるようにしましょう。貸主になると報酬が得られるので、メリットも大きですよ!