シェアビジネスってなに!?

シェアビジネスとは、仕事で平日使わない車を他者に貸したり、おもちゃや衣類を貸す、宿泊場所として住宅を貸したり…

用途はたくさんありますが、購入するほどではないけれど、レンタルしたい人の需要と普段使わない物を貸したい人との需要が重なっています。その物を貸して、貸し借りをする際に料金を支払うといったシェア方法。

確かに、普段仕事をしているなら自家用車は使わないし、そのままにしておくのはもったいない!

おもちゃや衣類も、使いたい時しか必要でない物はシェアしてお金が稼げるなんて、お得ですよね!

シェアビジネスを副業として稼ぐためには、本業とも両立してうまく計画していかないといけません。

その方法と、注意点についてここで触れたいと思います。みなさんも、参考にしてシェアビジネスを副業として、ぜひチャレンジしてみてはどうでしょう。

 

 

カーシェア、宿泊場所のシェア、衣類やおもちゃ、バーベキューセットなど多岐にわたるシェアビジネス

 

シェアビジネスといっても、先程触れたような自家用車のシェア。これは簡単に登録できて、自家用車の写真や車種、車のキズなどを事前にカーシェアのサイトに登録すれば簡単にシェアできます。

車のグレードや車種によって金額も設定できて、軽自動車だと2500円〜、普通自動車だと3000円から、高級自動車だと4500円からと金額も登録する人が設定できます。

駅からどの距離に、その車がどこに置いてるかなど登録できるので便利です。

しかし、人気な車だったりキレイな車を借りたい人が多いので、軽自動車なんかは安価な価格でしか貸せないかもしれないですね。

また、タイムズ、トヨタレンタカーなど正規のレンタカーでもどこでも駐車場から借りられるという便利なものが普及しているので、もちろん比較的には正規のレンタカーから借りる人も多いです。

保証も安心できるので、自家用車のレンタカーはすごく安価にするか、人気な車種なら貸せるかもしれません。

衣類は、結婚式やパーティーでしか着ない、葬儀でしか着ないなど冠婚葬祭で使用する衣類は、なかなか出番がないもの…。

もったいないから、レンタルできるようにしてみてはどうでしょうか。

物のグレードや価格によりますが、貸す金額も設定できるので便利です。登録できるサイトがあるので、そこで相場を調べてみるといいですよ!

特に、バーベキューセットなど夏場しか使わないもの、スノーボードやスキーの板などレンタルできるものは多岐にわたります。

趣味の物、好きなものも合わせて、シェアビジネスとして利用できるか調べてみると、沢山の情報が出てきますよ。

 

 

住宅を貸すのは、外国人など旅行者にも人気!!

 

特に最近では、住宅のシェア、つまり「民泊」が話題にっています。米国発の民泊プラットフォーム「Airbnb」(エアビーアンドビー)を筆頭に、住宅のシェアは日本においても急速に人気を集めているようです。

住宅の使わない部屋を貸し出す。スマートフォンで簡単にSNSやメッセージを送ることができるから、旅行者とも連絡を取ることができます。

シェアビジネスでは、仲介してくれる企業も多いので、仲介会社から連絡を取ってもらうこともできます。

しかし、シェアビジネスを副業にするには安定した収入が欲しい!ですよね。

シェアビジネスは、急速に普及しているので法整備が充実でないといった現状があります。

法規制や規制緩和で、シェアビジネスの設備が整うよう、一般の人も気をつけて行う必要がありそうです。

シェアビジネスは、副業としてとても便利ですが知識を身につける必要があります。

ノウハウを知ってから、慎重に取り組むことで副業として大きな収入源になります。

 

 

まとめ

 

・カーシェアで自家用車は、使わないときにレンタルしてもらう。公式のタイムズやレンタカーショップに比べて、比較的貸し出しが少ない。

外車やレアな車、試し乗りしたい人、動画で使う方が多いので借りたい人が多いです。レンタル額も上がると定期的な収入にするには厳しいかもしれません。

・冠婚葬祭の衣類、靴やバッグ、バーベキューセットなど日用品は割とレンタルされやすい。レンタルサイトに登録して、正確に商品の説明を入れましょう!

・借りる人は、もちろんほとんどが一般の人なので壊されない、傷つかない保証はないので注意を!

・シェアビジネスは法整備が整っていないものも多いので、正確な知識を身につけてから挑んでください。

シェアビジネスはまだまだ、始まったばかりのものも多いです。気をつけて使うようにしましょう!