食欲がなくなりやすく慢性的な体調不良になってしまう、野菜が苦手で肌荒れしがち……というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
食欲不振や冷え、偏食による肌荒れや便秘などといったように、秋は体調も肌のコンディションもいつも以上に崩れやすくなっています。
本記事では、季節の変わり目の体調不良を乗り切って美を作る緑黄色野菜野菜カレーの魅力について紹介します。
 
 

 
 

「緑黄色野菜野菜は美容維持に必要な成分が豊富」

カボチャやカラーピーマン、ナス、トマトなどの緑黄色野菜は体調不良改善や美容維持に必要な栄養素をふんだんに含みます。
例えば便秘を改善してくれる食物繊維は勿論のこと、ビタミン群もバランス良く且つ豊富に含んでいるため肌の内側からキレイを目指したい時にもピッタリです。
野菜が含むビタミン群には肌を乾燥から守ったりターンオーバーを促進させてツヤのある肌を維持させたりといった効果があります。
秋は夏に受けた紫外線ダメージが肌トラブルとなって現れやすいので、肌にいい栄養素を含む野菜は積極的に摂ることが望ましいのです。

 
 

 
 

「スパイス効果で食欲アップ」

スパイスには食欲を増進させる他にも、辛味を感じさせることで体温を高めて代謝や免疫力をアップさせたり消化を促進させて栄養分の吸収をスムーズにさせたりといった優れた効果も持っています。
減退した食欲を放置してしまうと食事から栄養が摂取できなくなるので様々な体調不良を引き起こす原因にもなりますし、食欲が戻ってきた時に反動も大きく来てしまいリバウンドする可能性も考えられます。
なので自然に食欲を増進させてくれるカレーを普段のメニューに取り入れて、健康的に痩せやすい身体を作っていく方が負担も少なくて済みますよ。
 
 

 
 

「身体を内側から温める」

カレーの大きな魅力は、食べると身体の中からポカポカとした温かさを感じられることです。
秋は段々冷えを実感する機会も増えてきます。
更にデスクワーカーは座りっぱなしであることが多いので、そうした環境も冷えを引き起こす原因の一つです。
身体は冷えると血行不良によって肌色が悪く見えたり、便秘になったり代謝が低下して太りやすくなったりと多くのマイナスの影響の元となります。
とろみのあるカレーは摂取すると身体の温かさが長時間持続します。
身体の冷えにお悩みの方や代謝が下がり気味な方にはカレーは非常にオススメな料理と言えるでしょう。
 
 


 
 

まとめ

以上、季節の変わり目の体調不良を乗り切って美を作る緑黄色野菜野菜カレーの魅力の内容でお送りしました。
緑黄色野菜はビタミン類が豊富なので、体調不良や美容を改善するのに効果的な成分を多く含みます。
栄養バランスが偏りがちの方、冷えが気になる方、美容が気になる方といったように幅広い人にオススメできる食べ物ですので、ぜひ緑黄色野菜カレーを料理のレパートリーに加えてみてください。