なぜ、クラウドファンディングを使うのか?

クラウドファンディングは、あるプロジェクトを実現したいと思った企業・団体・個人が、そのプロジェクトを実現するために必要な資金を、多くの支援者を募って調達するシステムです。
簡単に言えば、やりたいことがあるがお金(資金)がないけど、夢を実現したいから、支援して欲しいからクラウドファンディングを使って支援を集めます。
ざっくり言えば、人々からお金を集めるために使うシステムのイメージで問題ありません。

※まったく0から1を作るのではなく、あなたは夢をかなえるためにいろいろと頑張ってきたが、どうしてもお金の面で実現できない部分があるため、支援を募るのがクラウドファンディングの根本的な考え方です。

例えば、あなたが「絵本」を作りたいとします。

しかし、手元に資金がないため、画材を買うこともできなければ、製本することもできない。

資金を調達したいが銀行が貸してくれるわけもない。

そこで、クラウドファンディングで支援を募ってみることにしました。

クラウドファンディングのプラットフォームに、

「絵本の概要」「それが、どれだけ面白いのか」
「何が必要なのか(製本費用等)」「そして、いくら必要なのか」

といった情報を掲載します。

これはクラウドファンディングのWEBサイト上に、ある程度フォーマットが用意されているので、
それに従って入力すれば大丈夫です。

そして、一定期間の間にあなたが掲載した情報を見て、支援者は支援をしていきます。

基本的に、支援者一人一人の支援金額は小さいので複数人から支援を受ける必要がありますが、目標として設定した金額に達した場合、集まった資金を受け取ることができます。



クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには、大きく分けて、寄付型・投資型・購入型の3つの種類があります。

寄付型:完全に支援してもらう(金銭的リターンのない)のが寄付型
投資型:金銭的リターンが伴うのが投資型
購入型:対価(リターン)をあげる、つまり売買契約が購入型

クラウドファンディングの仕組みは、クラウドファンディングのプラットフォームがインターネット上に存在し、個人は、そこから気に入ったプロジェクトを選んで一定の金額を出資・寄付します。

まさとのクラウドファンディング通信講座では、僕らがおもに使うことになる、購入型についてまとめていきます。

はじめは購入型からはじめて、クラウドファンディングを理解してから、投資型へステップアップするのがおすすめです。


クラウドファンディングの仕組み

行われるほとんどのクラウドファンディングは購入型です。

購入型は、支援の代わりに見返りとして、商品やサービスを支援者に送ります。

支援者はあなたのプロジェクトに共感して支援してくれますが、購入型にはリターンがあるのが大前提です。

リターンの基本は「魅力的且つ、お得感のあるリターン」であること、プロジェクトが魅力的でも、リターンの設定が支援者にとって良くなければ資金は集まりません。

魅力的かつ、お得感のあるリターンのポイントは、是非おさえてプロジェクトを立ち上げましょう!


LINE公式 クラウドファンディングに関する
お問い合わせはこちら↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40482bfedy