10,プロジェクトチームを作る

 

 

100万円を超える目標金額や100人以上の支援者を集めたいのであれば4人以上のチームを作りましょう。

 

4人以上のチームで行った場合、1人で行ったプロジェクトよりも、70%多く資金が集められるというデータが出ています。

 

チームをつくることで、

 

 

といった役割を分担することができます。

 

4人の役割としては

 

 

は、最低限ほしいところです。

 

そのほかにもプロジェクトの内容によっては

 

 

などなど

 

あなたのプロジェクトに必要なメンバーを集め、それぞれの得意分野で活動してもらうことが成功のポイントになります。

 

またチームでおこなうとなれば、メンバー同士でのコミュニケーションも成功のためには重要になってきますので大事にしましょう。

 

 

11,準備期間の重要性

 

 

プロジェクトは公開する前から始まっています。

 

クラウドファンディングは公開したら勝手に支援が集まるといったお金のなる木ではなくあくまで支援を集めることができるシステムです。

 

プロジェクトを公開する前までの、あなたの動きがとても重要でクラウドファンディングを研究しているカリフォルニア大学バークレイ校のリチャード・スワート博士は「プロジェクト掲載の始まる30日前から自分のブログやウェブサイトまた、ソーシャルメディアで情報を公開した方がいい」といっています。

 

支援者3分の1の法則で、支援者の30%は自分の力で集めると書きました。

 

プロジェクト公開前に、友人知人に連絡を取り支援のお願いをするのがこの準備期間になります。

 

この準備期間にしっかりと行動することで、プロジェクトを公開した初日に目標金額を達成することもあります。

 

 

という気持ちになり友人の友人に話してくれたり、SNSやブログで情報を開示していたことで

ブログの読者さんが支援してくれるといったことが起きます。

 

準備期間にしっかりと行動しておくことで成功を引き寄せます。

 

 

12,最初の1週間で25%以上の支援で成功率は5倍

 

 

プロジェクトを公開して最初の1週間で25%以上の支援をいただくと、クラウドファンディングの成功率は5倍になると出ていますが目標はもっと高く持ちましょう。

 

支援者3分の1の法則で書いたように、支援の30%は自分の力で集めることが重要です。

 

法則にあてはめて考えた場合、しっかりと準備を行えば、公開初日から3日以内に支援30%を集められるのではと思います。

 

クラウドファンディングでは、初速に失敗するとかなり成功率は低くなり、失敗しているプロジェクトは初日から3日の間にまったく支援されていないということが、多くのプロジェクトにあります。

 

はじめの3日間が勝負となり、はじめの3日間で支援を多く集められれば「勝ちのスパイラル」につながります。

 

初速を生むために、友人や知人には公開したらすぐに知らせて、すぐに支援していただけるような段取りをとりましよう。

 

また、人の心理として、まったく支援されていないプロジェクトには興味を持ちません。

 

行列のできるラーメン屋のことを、おいしいラーメン屋さんではないかと思ってしまうのと同じで、客の入っていないラーメン屋さんには興味すら持ってもらえません。

 

支援者3分の1の法則で考えると、友人や知人以外からの支援が60%以上を占めます。

 

その60%の人にあなたのプロジェクトに興味を持ってもらうために、プロジェクト公開初日から支援が入ることで魅力的なプロジェクトかなと興味をもって見てもらうことができる状態にしましょう。

 

 

13,あなたの心が折れる

 

 

プロジェクトを公開してもまったく支援が集まらないと、あなたの心は折れてクラウドファンディングをあきらめてしまいます。

 

とくにチームを組まずに1人でプロジェクトをおこなっていると、だれからも励まされずにもういいやってなってしまいます。

 

そのために大事なのが、やはり初速です。

 

はじめの3日間で少しでも支援を集めることができればあなたの心は折れません。

 

逆に支援が集まらないと、やる気を失い、自信をなくし、支援が集まらないことに恥ずかしくなり、飽きてしまいます。

 

さらに、支援が集まらないことで人に言いづらくなり、心が折れ完全に負のスパイラルに陥ります。

 

失敗した例を見ると必ず初期で支援者が付かず負のスパイラルにはまりそのまま終わってしまいます。

 

 

14,プロジェクト成功のカギは初速

 

 

繰り返しますが、プロジェクトの成功は公開初日から3日間が勝負で、はじめの3日間で支援を集められるかどうかは重要です。

 

そこで、やはり初速を出すためには、家族や友達にプロジェクトをすぐに伝えましょう。

 

身近な人に、口で伝えメールで伝え、facebookやTwitter、LINE、いろいろなSNSを使いプロジェクトの内容や支援の方法、プロジェクトの情報の拡散の手伝いをしてほしいことなど伝えましょう。

 

 

15,クラウドファンディングで実現したいことの再確認

 

 

ここまで成功のポイントを書いてきましたが、もう一度クラウドファンディングをなぜ活用するのか、あなたがプロジェクトを立ち上げて得たいものや実現したいことは何か、いまいちどしっかりと考えてみましょう。

 

クラウドファンディングで得られるものはお金だけではないと書きました。

 

もちろん事前準備やプロジェクトページの内容やリターンなど、プロジェクトを成功させるためには必要になってきますが、そもそも論として、あなたのプロジェクトに対する気持ちや想い、ここの軸がなければ意味がありません。

 

クラウドファンディングは戦略的にロジカルに綿密な計画を練り、起案者の想いが重なれば、必ず成功しあなたの夢を叶えてくれる魔法になりえます。

 

LINE公式 クラウドファンディングに関する
お問い合わせはこちら↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40482bfedy