5,チラシを作って配る

 

 

まさにアナログな宣伝方法ではありますが、あなたのプロジェクトの存在を知ってもらうために、チラシもやはり効果的です。

 

チラシの効果は、クラウドファンディングをおこなっていることを伝えるために作るのですが、今回のプロジェクトでは支援いただけなかった場合でも、のちのお客様になっていただく可能性も含まれています。

 

チラシは、インターネットと違い、そのまま持ち帰ってもらうことで、いつでもどこでも見てもらえるようなものなので、あなたのプロジェクトを思い出してもらうチャンスとなります。

 

チラシには、実現したいことやおすすめしたいリターンを書き、クラウドファンディングとはなにかも書く必要もあります。

 

詳細を見てもらう為に、URLだけではなくQRコードも載せましょう。

 

行政や自治体に応援のお願いをするときは必ず、チラシを作って持っていきましょう。

 

 

6,ソーシャルネットワークを活用する

 

 

クラウドファンディングの成功にはFacebookとTwitterは必須のツールになります。

 

Facebookには「個人ページ」と「facebookページ」があり、人によっては個人ページでの不特定多数の人とつながることを嫌がる方もいますので、その場合はfacebookページを活用しましょう。

 

個人ページは本名で登録しますが、Facebookページは商品や団体名プロジェクトをPRするために活用可能なツールとして使えます。

 

SNSの使い方に関しては、コンテンツ⑧で詳しく書きますので楽しみにしていてください。

 

 

7,インフルエンサーを探す

 

 

インフルエンサーという言葉をご存知でしょうか?

 

インフルエンサーとは、世間に与える影響力が大きい言動、行動を行う人物のことをいいます。

 

芸能人や著名人、カリスマブロガーやYouTuber、その人の発信した情報で誰かに影響を与えることができる人です。

 

そんなインフルエンサーが、あなたのプロジェクトに魅力を感じ、SNSなどで情報を流していただくことができれば最高です。

 

まだ、ペンパイナッポーアッポーペンのピコ太郎も、たまたまジャスティンビーバーが動画を見てお気に入りの動画と紹介したことによりいっきに世界中にブレークしました。

 

あなたのプロジェクトに魅力を感じてくれるインフルエンサーを探すこと、それがプロジェクト成功への一番の近道かもしれません。

 

 

8,あなたのプロジェクトに合ったコミュニティを探す

 

 

あなたのプロジェクトと同じ属性のコミュニティを探しましょう。

 

もっとも簡単な探し方としては、FacebookのFacebookページやFacebookグループを検索してみましょう。

 

Facebookの検索窓にあなたのプロジェクトのキーワードを入れると、あなたのプロジェクトと同じ属性のコミュニティや興味を持ってくれそうな人が見つかります。

 

また、あなたのプロジェクトに似たプロジェクトを実施している人に連絡をとったり、同じようなプロジェクトに支援している人に連絡を取るというのも有効な方法になります。

 

 

9,クラウドファンディングが好きな支援者を探す

 

 

まだまだ日本では、クラウドファンディングを知らない人が少ないのは事実です。

 

そこで、実際にクラウドファンディングに支援している人にコンタクトをとるというのも有効です。

 

なぜなら、クラウドファンディングのことを知っているとともに支援したことがある人は、ほかのプロジェクトにも支援している人が多くあなたのプロジェクトにも支援していただける可能性が高いです。

 

方法としては、クラウドファンディングのプラットフォームCAMPFIREを使うと簡単に支援者を見つけることができます。

 

プロジェクト本文の上に「パトロン」という文字があります。

 

ここをクリックすると支援者の情報を見ることができます。

 

ですが、ここに支援している人だからといって軽い気持ちでコンタクトをすると、スパム(迷惑メール)と勘違いされたり、悪い印象を与えてしまいますので慎重におこなってください。

 

 

10,リアルでのつながりを大切にする

 

 

インターネットを使った情報拡散も大事ですが、 やはりリアルでの出会いも大切にしてください。

 

プロジェクト公開期間中は、なるべくいろんなイベントなどに参加し、たくさんの人と出会うことを心掛けましょう。

 

出会って会話がはずめば、Facebookの友達申請をお願いしたり、対面で詳しく話せないこともあるので、名刺とともにプロジェクトがわかるチラシなども、常に持ち歩くようにしておきましょう。

 

対面で出会った方には、必ずフォローのお礼メールをしましょう。

 

 

LINE公式 クラウドファンディングに関する
お問い合わせはこちら↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40482bfedy